TOPICS

<神戸市からのお知らせ>住民票の写し等の不正取得に係る本人通知制度が導入されます(3月15日)

神戸市では、本年4月1日より住民票の写しや戸籍謄本等が本人以外の第三者に不正取得された場合に、その事実を本人へ通知することにより、本人の権利及び利益を保護し、不正取得の抑止を図ることを目的とした本人通知制度が実施されます。
本人への通知は、国や県等からの通知により、税理士を含む特定事務受任者が職務上請求書により不正取得をした事実が明らかになった場合も対象となりますので、引き続き職務上請求書及び戸籍謄本等の適正な取扱いをお願いいたします。

詳しくは、神戸市ホームページをご覧ください。