TOPICS

(大阪市からのお知らせ)個人市・府民税の特別徴収の推進にご理解とご協力をお願いします(9月2日)

所得税の源泉徴収義務のある給与支払者(事業主)は、毎年4月1日において、前年中に給与所得を有する全ての従業員に係る個人住民税の特別徴収義務者とされています。
昨今、特別徴収の推進が全国的に要請されるなか、大阪市では、本年9月上旬から、同市内に居住する従業員の給与支払者(事業主)を対象に、特別徴収義務者指定の予告について下記のご案内が順次、発送されることとなりました。
つきましては、特別徴収の推進に係る大阪市の取り組みにご理解、ご協力をお願いします。

参考:「個人市・府民税の特別徴収義務者指定の予告について」(PDF)(大阪市)

詳細は、下記ホームページをご覧ください。

《総務省・全国地方税務協議会》
「個人住民税は特別徴収で納めましょう」

《大阪市》
「個人市・府民税の特別徴収の実施をお願いします(事業主・従業員の皆さまへ)」
「個人市民税の特別徴収について」