TOPICS

(国税庁からのお知らせ)番号法施行規則の改正により、平成30年1月以降、一部の手続について番号確認書類の提示や郵送提出時の写しの添付が省略できるようになりました

平成29年12月8日に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律施行規則」が一部改正されました。

これにより、平成30年1月以降、一部の手続について番号確認書類の提示や郵送提出時の写しの添付が省略可能となります。

詳しくは、チラシ「番号法施行規則の改正についてのお知らせ」及び国税庁ホームページをご参照ください。