TOPICS

(内閣府からのお知らせ)マイナンバー制度による情報連携が、本年7月から試行運用を開始します

内閣府では、マイナンバー制度による情報連携について、本年秋頃からの本格運用を目指し、7月から試行運用を開始することとしました。

情報連携の本格運用が開始されれば、住民票の写しや課税証明書などこれまで提出する必要があった書類が省略できるようになります。

ただし、試行運用(3ヶ月程度を想定)の期間中は、提出いただいた書類による処理と、情報連携による処理を並行し行うこととしています。

情報連携の開始時期等、詳しくは、内閣府ホームページをご参照ください。