TOPICS

釜山地方税務士会との学術討論会を開催しました(12月6日)

本会は11月24日、韓国・釜山地方税務士会(以下「釜山会」という)との第12回学術討論会を、釜山地方税務士会館において開催しました。
本会と釜山会とは、平成3年(1991年)に友好親善合意書に調印し、平成17年(2005年)から、両会間のより充実した親善関係を築くため、「学術討論会」を相互の会で開催しており、本年で第12回を迎えました。
当日は、浅田会長をはじめとする役員、国際部員及び議題に関連する各正副部長の15人が出席し、釜山会からは、崔 相坤(チェ サンゴン)会長を筆頭に国際関係の役員等26名にご臨席いただきました。
学術討論会では、共同議題として「韓国および日本の番号制度」を取り上げ、活発な意見交換を行いました。