TOPICS

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について(2月21日)

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組(特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診)を行う個人が、平成29年1月1日以降に、特定の医薬品を一定額以上購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。
この税制の適用を受けるためには、当該医薬品の購入費に係る領収書等が必要となりますので、それらを破棄しないようご注意ください。
なお、セルフメディケーション税制は医療費控除の特例であり、従来の医療費控除との選択適用となりますので、この特例の適用を受ける場合は、従来の医療費控除を併せて受けることはできません。
詳しくは、次のホームページ等をご確認願います。

【参考】
日本一般用医薬品連合会HP 「知ってトクするセルフメディケーション税制」
厚生労働省HP 「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について」
国税庁HP 「特定一般用医薬品等購入費を支払ったとき(医療費控除の特例)」