年表

主な社会情勢等 年度 主な税制等 税理士制度 公認会計士法・弁護士法変遷
 
2年(1869) 大蔵省設置      
  6年(1873) 地租改正      
  11年(1878) 営業税導入(地方税)
府県収税署が管轄
     
  20年(1887) 所得税導入      
明治憲法公布 22年(1989)        
  26年(1893)       弁護士法公布
日清戦争 27年(1894)      
 
  29年(1896) 営業税の国税移管
税務署と改称し管轄
   
商法公布 32年(1899) 法人所得税導入    
日露戦争 37年(1904) 非常特別税導入 税務代弁業の出現  
  38年(1905) 相続税導入    
刑法公布 40年(1907)      
  45年(1912)   大阪税務代弁者取締規則  
第一次世界大戦
3年(1914)      
普通選挙法公布 14年(1925)      
 
2年(1927)     計理士法公布
  8年(1933)   税務代理人法案帝国議会へ提出
(→不成立)
 
全部改正
  11年(1936)   京都税務代弁者取締規則
 
  15年(1940) 所得税・法人税導入
源泉徴収制度開始
 
太平洋戦争開戦 16年(1941)    
  17年(1942)   税務代理士法公布
太平洋戦争終戦 20年(1945)  
 
  22年(1947) 申告納税制度導入
証券取引法公布 23年(1948)   公認会計士法公布
  24年(1949) 国税庁発足
第1次シャウプ勧告
 
全部改正
  25年(1950) 第2次シャウプ勧告
 
  26年(1951)   税理士法公布
  31年(1956)   31年改正
新日米安保条約 35年(1960)  
 
  36年(1961)   36年改正
東京オリンピック 39年(1964)   39年改正法案提出
(→40年廃案)
  41年(1966)  
 
改   正
変動相場制 46年(1971)  
 
  54年(1979)   54年改正案
(→審査未了廃案)
  55年(1980)   55年改正
プラザ合意
バブル期へ
60年(1985)  
 
昭和天皇崩御 64年(1989) 消費税導入

元年(1989)
ソ連崩壊
バブル崩壊
3年(1991)  
  4年(1992)   改   正
阪神・淡路大震災 7年(1995)  
 
  13年(2001) 財務省へ名称変更 13年改正
小泉構造改革 14年(2002)  
 
  15年(2003)   改   正
  16年(2004) 電子申告運用開始
 
会社法公布 17年(2005)  
  19年(2007)   改   正
民主党政権成立 21年(2009)  
 
東日本大震災 23年(2011)  
自民党政権復権 24年(2012)  
社会保障・税番号制度関連四法公布 25年(2013)  
  26年(2014)   26年改正