7

第57条事務の委任

国税庁長官は、第55条第1項の規定によりその権限に属せしめられた事務を国税局長又は税務署長に取り扱わせることができる。
2 国税庁長官は、前項の規定により事務を国税局長又は税務署長に取り扱わせることとしたときは、その旨を告示しなければならない。

国税庁長官は前述の監督権限(法55①)についての事務を国税局長又は税務署長に取り扱わせることができる。なお、この規定により監督事務を国税局長又は税務署長に取り扱わせる場合にはその旨を告示しなければならない。