5 章の 2

第48条の13定款の変更

税理士法人は、定款に別段の定めがある場合を除き、総社員の同意によつて、定款の変更をすることができる。
2 税理士法人は、定款を変更したときは、変更の日から2週間以内に、変更に係る事項を、本店所在地の税理士会を経由して、日本税理士会連合会に届け出なければならない。

税理士法人は、定款に別段の定めがある場合を除き、総社員の同意により、定款の変更をすることができる。
社員の変更(加入・脱退)、出資の変更(増資・減資)や従たる事務所の設置等には定款の変更が必要である 。

変更の届出

税理士法人は、定款を変更したときは、変更の日から2週間以内に、変更に係る事項を本店所在地の税理士会を経由して、日本税理士会連合会に届け出なければならない。